ワイマックス比較 キャンペーンを使ってワイマックスを安く使う方法

MENU

ワイマックスのプロバイ毎の月額料金を比較

同じワイマックスといっても、それぞれのプロバイダやMVNOで若干差があります。
UQWiMAXから回線を借りているので速度や、エリアなどは同じなんですが、それぞれキャンペーンをやってユーザーを獲得するのでどうしても差が出てきてしまいます。
このページでは、そんな月額料金を分かりやすく比較しています。

 

2,112円という安さで人気のRaCouponのWiMAX2+。auスマートバリューmineというauスマホユーザーなら月額が安くなるサービスが無いのでauユーザー以外はここが一番安くWiMAXが使えるプロバイダ。契約期間は提供開始月から25ヶ月間。25ヶ月目なら解約手数料はかかりません。月間データ量7GByteの通常プランです。

 

月額2,760円のとくとくBBのライトプラン(月間7GByte)。端末受取月(初月)は月額料金無料で、1ヶ月目から24ヶ月目までは料金変わらず月額2,760円。25ヶ月目以降は月額3,609円。ギガ放題プラン(月間データ制限なし)は、2ヶ月目まで月額2,760円とライトプランと同じため、2か月間はギガ放題プランで契約しておいて、3ヶ月目からライトプランにすることも可能です。また、とくとくBBなら、お申込みから20日以内であれば違約金無料でキャンセルができるのがうれしい!

 

BroadWiMAXは、ライトプラン(月間7G制限)で2,856円。開始月は、日割り計算で計算されますが、次の月を一ヶ月目として24ヶ月目までは、料金変わらず2,856円です。ここの特徴は、即日配送。WiMAXを当日から使えるようにしていること。秋葉原にある店頭に行けば、この値段で今日からWiMAXを使うことが可能です。店頭に行けなくても即日配送でどこよりも早く端末を使うことが可能です。

 

キャッシュバックがなくてもこんなに安い。細かく言うとキャッシュバックがあるほうが、全体的に見ると多少安くなりますが、キャッシュバックを申請する手間と、それを忘れてしまった場合を考えるとこちらの月額料金が安いプランのほうが安心かもしれません。